武蔵一宮 氷川神社

dsc_0140

大宮駅から商店街を抜けて歩いていくと表参道がみえる。

三の鳥居

東武野田線の北大宮駅で下車すると

裏参道経由になるが社殿には近い。

dsc_0139

楼門と舞殿

dsc_0138

舞殿

dsc_0137

拝殿

御祭神は、須佐之男命、稲田姫命、大己貴命の三神

社殿は銅板葺き、流造り

七五三の家族連れが多く来ていた。

宮沢湖

161016-132421_r

ムーミンのテーマパーク「メッツサ」が計画されている飯能市の宮沢湖に寄ってみました。

161016-132624_r

宮沢湖の手前でバリケードにより閉鎖されていました。

161016-132702_r

少し湖面が見えます。この湖面の周囲に「ムーミンの世界」が展開されるそうです。OPENは2017年と公表されていますが、まだ造成工事も始まっていないようですから年末頃でしょうか。

161016-132711_r

人家や周辺道路から離れていて静かな森です。

メッツサが完成したら また来てみましょう。

あけぼの子どもの森公園 -1

161016-122315_r

飯能市にある、ムーミンの童話の世界をモチーフにした公園「あけぼの子どもの森公園」です。

161016-122338_r

体育館や競技場のある平坦な場所から、ゆるやかな坂を上がっていくと「ムーミンの世界」の建物が見えてきます。

161016-122426_r

161016-122522_r

坂をあがると右手にあるのが うろこ模様の屋根に覆われたこども劇場(多目的ホール)

161016-122445_r

きのこの形をしたムーミン屋敷

161016-122633_r

161016-122702_r

ムーミン屋敷に近づいて見ました。

小さい子供連れの家族が、あちこちに見られます。

161016-124628_r

ヒアシンスハウス・2016 -1

160903-152013_R

夏も終わり近く 涼しげな風と優しくなった光に包まれた別所沼

160903-152137_R

前回から2年半経過しているが、また訪れてみた。写真のような木彫りの看板ができていて、名称も「ヒアシンスハウス・風信子荘」になっていた。

詩人であり建築家であった立原道造のスケッチを基に、立原道造の夢を継承するするために建てられた。

160903-152201_R

夏の別荘らしく窓が全て開かれて、冬とはまた別な表情を見せていた。

160903-152255_R

160903-152314_R

160903-152341_R

 

鬼平江戸処・東北自動車道羽生PA上り線 -2

DSCF9483_R

内部は、通路を挟んで店舗が配置され、天井には空が書かれ照明によって雰囲気を変えるといった従来型の演出。

通路幅が狭かったかも。

DSCF9482_R

メディアコーナー

店舗の中を歩いていると後ろの方から

「かっこいい 何これ」

「鬼平って何?」「俺 鉄平なら知ってるぞ」と色んな声が聞こえた。

DSCF9487_R

鬼平犯科帳にしばしば出てくる「軍鶏鍋の五鉄」

DSCF9488_R

DSCF9485_R

試しに「一本饂飩」を食べてみたのだが、鬼平犯科帳の中の一本饂飩とはちょつと違うように思える。

DSCF9489_R

テーマパーク型の複合店舗の場合、リピーターの関心を集めるような自己更新が必要だと思うが、ここでは「食」かな・・・

 

鬼平江戸処・東北自動車道羽生PA上り線 -1

DSCF9471_R

東北自動車羽生PA上り線が昨年暮れにリニューアルされ鬼平江戸処としてオープンしたのはニュースで聞いていたが、外観も江戸の町並みにしていたのは、駐車場について初めて知った。

DSCF9472_R

左側は喫煙コーナー

DSCF9473_R

案内板

DSCF9475_R

メイン出入り口

DSCF9477_R

DSCF9481_R

土曜日の夕方という時間だったからか、PAは大変混雑していた。

 

ヒアシンスハウス@立原道造

DSCF5597

さいたま県庁に程近い別所沼公園の一角にある

ヒアシンスハウスを訪れた

この ちいさな建物は

戦前の詩人・建築家である立原道造が残した

1937年(昭和12年)のスケッチを基に

2004年11月この別所沼公園に実現したもの

以来 ヒヤシンスハウスの会によって管理されてきた。

訪れるのは二年ぶり、何故かいつも冬

DSCF5596

詩人・建築家 立原道造は、

私の原点のような人である

中学生時代 立原道造の一篇の詩によつて

建築への憧れが生まれた

それ以来 今の歳にいたるまで建築か文学か

ふらふらしながら 歩いてきた

DSCF5594

DSCF5601

立原道造の世界に 戻ることは

ピュアだつた自分の時間に立ち戻ること

それが 恥ずかしくもあるのだが

それでも思い出しては

ここを訪れる

 

PasaR MIYOSHI

resize0070

久しぶりに関越道に乗った。上りの三芳・PasaR  MIYOSHIも随分変わっていた。というか増設してた。

resize0071

 

resize0067

PLANの右上部分が増設されたんだね。

resize0068

農産物の直売所があっていろんな種類の野菜が沢山あったので、つい買ってしまい、買出しにきたみたいになってしまった。

resize0066

女子栄養大学坂戸キャンパス -2

resize0038

12号館から見た11号館・学生集合棟

resize0045

よく手入れされた芝生が美しかった。

resize0043

現在工事中の建物、用途は聞きそびれた。

resize0044

resize0042

12号館の1階部分。

この日はオープンキャンパスが開催されていたので高校生や父兄が数多く訪れていた。

resize0060

正門前の6号館前

resize0064

6号館の全景

女子栄養大学坂戸キャンパス -1

resize0062

女子栄養大学坂戸キャンパスは、都心から高速道路で一時間あまり、関越自動車道の鶴ヶ島で降りる。

写真は、6号館で1階に教務学生部がある。

resize0063

坂戸キャンパス正門右側にある8号館・入試広報センターが入っている。

resize0057

右側の建物が1号館、左側が4号館で奥の建物が2号館。

ここの建物は、空中歩廊で連結されている。

resize0056

右が6号館で左側が4号館

resize0053

1階にカフェテリアのある5号館

resize0049

5号館の2階廊下から吹き抜けを介して見えるのはカフェテリア

resize0050

カフェテリアを2階から

resize0051

カフェテリアで食べたトンカツ定食。

通常は一般の人は食べれないそうだ。

トンカツ、ジャガイモの冷製スープ、オクラ・ナス・海老の煮浸し、胚芽米ご飯。

さすが女子栄養大学 !  薄味だが美味い。これで450円。とても学食とは思えない