国立新美術館 -3

ミュシャ展の行われていた2E企画室の天井、今回撮影可能エリア

「スラブ叙事詩」後ろ側に撮影可能エリアが設定され

今回5枚の絵画が展示されていました。

「ロシアの農奴制廃止」1914年作

「イヴァンチツェの兄弟団学校」1914年作

「スラブ民族の賛歌」1926年作

左「聖アトス山」1926年作

右「「スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」

1926作(未完成)

国立新美術館 -1

国立新美術館に行ってきました。

開館してから10年経つのに来るのは始めて

お目当ては建物ではなく「ミュシャ展」です。

平日の午前中でしたが国立新美術館は混んでいました。

ミュシャ展と草間彌生展と人気のある企画展が開催されているからでしょうか。春休みですものね。あちこちで卒業式が行われています。

小笠原伯爵邸 -6

私の学生時代、この建物は廃墟でした。
2002年6月、長い眠りから覚め、よみがえったのです。

礼法の宗家で有名な小笠原家第30代当主、小笠原長幹伯爵(旧小倉藩主)の本邸です。設計は、戦前最大の建築事務所と言われている曾根中條建 築事務所(明治41年~昭和12年)。昭和2年に竣工しました。

161031-041936_r

161031-041959_r

2階VIPルーム

161031-041945_r

2階個室

161031-042023_r

2階個室

161031-042058_r

階段

161031-042200_r

1階ギャラリー・サロン

161031-042217_r

小笠原伯爵邸 -4

161031-040640_r

回廊~ロビー

161031-040815_r

グランドサロン

161031-040841_r

ラウンジ161031-040906_rラウンジの窓

161031-040924_r

シガールーム

この建物の内部の最大の見せ場が、このイスラム風喫煙室の濃密華麗な装飾です。漆喰彫刻に彩色を施した壁面も、大理石の柱や床も、往時のままの美しさを誇っていると言われています。

161031-040945_r

シガールームの天井

161031-040952_r

161031-041003_r

161031-041011_r

腰壁

小笠原伯爵邸 -1

161031-042442_r

月に一度の一般公開日に予約をして行ってきました。

今までも見ておきたい思っていたのですが、二三か月前に予約しないとならないので、中々スケジュールが合わなくて来れませんでした。

この外観は、車中から ちらりと見たりしていました。

161031-042407_r

161031-042504_r

エントランス

葡萄棚がデザインされた青空の透けるキャノピー

美しいですね

161031-042532_r

161031-042630_r

シガールームの外観

161031-042647_r

ガーデンテント・ガゼボ

161031-042703_r

ルーフガーデンテント