京都なり田・上賀茂本店

上賀茂神社一の鳥居の東側は、室町時代から上賀茂神社の神官が住んだ住居「社家(しゃけ)」がよく保存されています。

賀茂川が上賀茂神社境内を流れ、明神川と名前を変え各社家の前を流れています。

またここは「上賀茂伝統的建造物群保存地区」です。

「社家」で見学できる建物として「西村家庭園」があります。

その社家群の手前にすぐき漬で有名な「京都なり田・上賀茂本店」があります。

ここのすぐき漬けは、過度に発酵が進んでおらず酸っぱくなく、ほどよい酸味で私のすぐき漬けに対して持っていたイメージを修正してくれました。

石畳み

店内の様子

色々な京漬物を売っています。

京都なり田

旧京都市立清水小学校 @ 映画の中の建築

nfld-1

昨年2015年8月8日に公開された「日本のいちばん長い日」には、多数の戦前の建物がロケ地にされている。

日本のいちばん長い日 ロケ地

その中のひとつで記憶に残っていたのがこのシーンに使われていた建物

nfld-2

映画の中では、陸軍軍事課・軍務課・情報局オフィスのシーンで使われた。

徹底抗戦を叫ぶ青年将校達が作戦を立案したり、東条英機に徹底抗戦を促されるシーンのロケ地。映画の中では、わりあい重要なシーンの背景になつている。

そのシーンのロケ地が、「旧京都市立清水(きよみず)小学校」。「きよみず」と言われるとピンとくるでしょ。そう「清水寺」の近くにあった小学校。

[mappress mapid=”18″]

 

この建物は、昭和8年に竣工し平成23年3月に閉校した御年83歳の老建築。

しかし、この建物なかなか風格がある建物で、メンテナンスが行き届いていたのか状態が良い。京都市から耐震診断の報告書が公表されているがIs値もそんなに悪くない。

21-666x500_R

31-666x500_R41-666x500_R

映画の中で一番多く登場する講堂

51-666x500_R

階段

実は、この建物 2004年「京都市資産有効活用基本方針」に基づき、2016年にプロポーザルが行われ事業者が選定される予定だ。立地的にホテルやブライダル施設への転用が計画されている。一方、民間事業者に賃貸することに対して地元の人たちの反対意見も多いようだ。

ぶらり京都街中 -2

DSCF4228_R

 四条河原町

DSCF4227_R

DSCF4230_R

鴨川

DSCF4231_R

高瀬川

若い時見に来た安藤忠雄のタイムズはどこだったかなぁと探したら

場所を勘違いしていたことに気がついた。

タイムズは三条通りと木屋町通りの角だった

高瀬川を見ていたら心穏やかな気持ちになり、

しばし川に沿って歩いてみた

DSCF4232_R

DSCF4233_R

DSCF4234_R

DSCF4235_R

高瀬川と鴨川の間にある京町屋を改装した一軒家レストラン

スコルピオーネ吉右(きちう)

京野菜を使ったイタリアンらしい

このあたりで足が疲れたので市バスに乗り京都駅に

新幹線に乗り北九州市に移動した。

ぶらり京都街中 -1

DSCF4215_R

 京都での仕事が思いのほか早く終わり、

烏丸御池から京都駅にむかって、ぶらりぶらり街なかを歩いた。

上の写真は三条通りの中京郵便局

DSCF4217_R

イノダコーヒー本店・三条通りから少し入る

DSCF4221_R

京極かねよ・鰻の店

DSCF4224_R

ろっくんプラザ新京極六角公園

DSCF4225_R

寺町通りの古美術・版画の大書院

浮世絵が沢山売られている

DSCF4226_R

久しぶりに錦市場を覗いて歩いた。

焙煎中の番茶の香りに誘われて、100g購入

京都三条通りを歩く -5

DSCF1636_R

   京都文化博物館・別館(旧日本銀行京都支店)

  東側

DSCF1637_R

建物は煉瓦造り

設計は辰野金吾とその弟子長野宇平治による。

1906年(明治39年)に竣工し、

1965年(昭和40年)まで日本銀行京都支店として使用された。

1969年(昭和44年)国の重要文化財に指定。

建築面積884.4m2(別館本体)・181.0m2(旧金庫棟)

DSCF1638_R

別館内部は見る時間がなかつた。

DSCF1639_R

格式あり

DSCF1640_R

DSCF1641_R

別館西側

この辺りは地下鉄烏丸御池駅から歩いた方が近い

ところで、この三条通りに面する一帯は、

商業地域・防火地域・容積率400%・建ぺい率80%

職住共存特別用途地域・三条通界わい景観整備地区(歴史遺産美観)

屋外広告物第三種地区に指定されている

これから西側の烏丸通りに面する新風館は以前見たことがあるので

烏丸通りから西側も今度ブラブラしてみようと思う。

chart1

それにしても京都の「田の字地区」は中々面白い

京都のお寺や神社もいいけど、

「田の字地区」は魅力がいっぱい詰まってる。

京都三条通りを歩く -4

DSCF1538_R

日本生命京都三条ビル

1914年(大正3年)に辰野・片岡建築事務所の設計

によって建てられた旧建物の一角を残して

1983年(昭和58年)左側部分を建て直した。DSCF1632_R

1914年(大正3年)の、このレトロな部分が登録有形文化財となっている

DSCF1633_R

煉瓦/石張り2階建て

DSCF1634_R

1983年(昭和58年)に増築された部分のエントランス

DSCF1635_R

増築部分エントランスの上部

DSCF1630_R

DSCF1620_R

DSCF1631_R

背景は、1983年(昭和58年)増築部分

京都三条通りを歩く -3

DSCF1648_R

  昼食を兼ねて一休み

チャイナカフェ・柳華(ryu-ca)

柳と竹に出迎えられて石畳のアプローチを抜けると

モダンな空間が広がる。

とてもハイカラ中華料理店

DSCF1647_R

2階はイタリアンレストラン

DSCF1536_R

冷やし坦々麺を食べた。

スイーツとか中国茶のメニューも充実しているようだ

DSCF1646_R

こんな現代的な商空間の建物も

DSCF1651_R

DSCF1642_R

勿論 こんな京町屋もあちこちに

そういえば蕎麦屋さんが目についた。

京都の人は蕎麦が好きなんだろうな

DSCF1643_R

京町屋あり、レトロあり、モダンありの

たまんない空間が連続している

京都三条通りを歩く -2

DSCF1658_R

家邊徳時計店(登録有形文化財)

1890年(明治23年)に建てられた木骨レンガ造り2階建。

1階の三連アーチ。

二階は少し奥まっている。

全体に赤煉瓦が黒く変色していて、歴史を感じる佇まい

DSCF1659_R

DSCF1654_R

三条通から少し横道に

京都デザインハウス

2009年にできた安藤忠雄建築研究所設計の「NIWAKA(俄)ビル」

[mappress mapid=”17″]

DSCF1655_R

DSCF1652_R

旧不動貯金銀行三条支店〔現SACRAビル〕

関根要太郎・日本建築株式会社の設計

1915年(大正4年)12月
煉瓦造り3階建て

DSCF1653_R

DSCF1649_R

DSCF1650_R

正面のこの雰囲気は、大正初期に流行した

ウイーン・セセッションの影響を受け

直線幾何学的なデザイン

当時の銀行は、ずいぶんモダンな建物を作ったものだ。

DSCF1657_R

京都三条通りを歩く -1

DSCF1662_R

 京都市役所から寺町商店街を抜け、三条通りをブラブラしてみた。

そこにはガイドブックには、あまり載っていない、

大人の空間が展開されていた

レトロな建物と現代的な建物が織りなす景観

上質な店舗

にぎわいのある界隈があった。

DSCF1663_R

1928ビル(旧京都大毎会館)は、

武田五一の設計により1928年(昭和3年)に建築された。

アール・デコ風の鉄筋コンクリ-ト造3階建で、

毎日新聞の社章に由来するバルコニーの形状や

玄関左右のランプカバ-の意匠に特徴がある。

1998年までは毎日新聞社京都支局として利用され、

現在はギャラリー・レストラン・多目的スペースとして活用されている

DSCF1664_R
DSCF1665_R

タリーズのカフェテラスの正面がこの外壁

DSCF1666_RAC1928

住所:京都府京都市中京区三条通御幸町海老屋町、

同区三条通御幸町東入弁慶石町

京都市役所本館

DSCF1529_R

役所調査の為に京都市役所を訪れました。

午前10時半に市役所の担当者のアポを取っていたので

朝6時に自宅を出て東海道新幹線で移動

DSCF1530_R

京都市役所は、武田五一が意匠設計を監修した建物で、

東半分は1927年(昭和2年)に、

西半分は1931年(昭和6年)に完成しました。

 東西に長くシンメトリーの外観、

縦に長いアーチ状の連続窓など、

横のラインと縦のラインを組合わせた変化に富んだ庁舎。

現役の市役所であり京都の顔でもあります。

 中央に時計塔を持つ鉄筋コンクリート造り4階建て。

DSCF1528_R

東側・ ホテルオークラ側

DSCF1532_R

正面玄関

DSCF1533_R

それにしても京都は暑かったですね。

午後には30度を超えていたようですが、

 市役所職員によると、まだ序の口で

あと一か月もすると本格的な「京都の夏」を迎えるとか

DSCF1534_R

1階正面ロビー

DSCF1535_R

京都市役所本館 東半分1927(昭和2年)/西半分1931(昭和6)年
設計 : 武田五一、中野進一、京都市営繕課
施工 : 松村組・松井組・山虎組
京都府京都市中京区御池通河原町角

[mappress mapid=”16″]

京染会館

DSCF9944_R

「染のまち」に建つ きもの文化の拠点

 ボーダータイルを打ち込んだ曲面PC版が千鳥配置され

「染と織」の雰囲気を醸し出している

DSCF9945_R

2010年竣工・設計監理施工は(株)大林組

PAL値削減率30%以上というサステナブル建築でもある。

三井ガーデンホテル京都新町 別邸

DSCF9940_R

京都新町にある三井ガーデンホテル京都新町 別邸

2014年度グッドデザイン賞

全体設計は、竹中工務店・大阪

DSCF9943_R

レストラン・設計は永山祐子氏

漆喰壁に覆われた和風モダン

中央の大テーブルは真鍮

DSCF9942_R

ランチを食べた

というかクライアントに御馳走になった

DSCF9941_R

HOTEL ANTEROOM KYOTO -2

DSCF9870_R

MEALS

朝食の風景

DSCF9869_R

フレッシュでボリュームもあり

レベルが高い

DSCF9867_R

1Fプランは、こんな感じ

中央上部がMEALS

DSCF9871_R

BAR

リーズナブルな料金設定

ウイスキーも30種類以上用意されているらしい

前日のチェックインが遅く疲れていたので利用せず

旅人、住む人、ギャラリーに来た人

様々な出会いの可能性が生まれる空間

箱物建築家では作るのは難しかったリノベ

空間プロデューサーの果たす役割は大きい

DSCF9866_R

1F廊下・エントランス方向を見る

DSCF9865_R

基準階のプラン

左側が学生寮、中央がホテル、右側がシェアハウス

DSCF9864_R

基準階廊下

DSCF9863_R

エレベーターホールの前にあった

貸し出し用の備品

客室は、今時のビジネスホテルよりゆったりしたシングルルーム

 ドアの鍵がオートロックではない

というぐらいが違いで設備・アイテム共に遜色なし

[mappress mapid=”6″]

HOTEL ANTEROOM KYOTO -1

DSCF9880_R

金沢からサンダーバードで京都に移動

ホテルにチェックインしたのは夜10時半頃

DSCF9878_R

宿泊したのは九条のHOTEL  ANTEROOM

四年ほど前に 学生寮からシェアハウス+ホテル+学生寮

へコンバージョンした建物

DSCF9879_R

写真に写っている部分は、シェアハウスとのこと

DSCF9877_RエントランスDSCF9873_R

DSCF9875_R

ギャラリー

DSCF9874_R

DSCF9872_R

右側はMEALS(カフェ)

京橋創生館

DSCF9522_R

DSCF9519_R

DSCF9521_R

DSCF9523_R

DSCF9525_R

DSCF9524_R

DSCF9527_R

DSCF9526_R

DSCF9506_R

旭硝子の2階ショールーム

【設計データー】

住居表示 : 東京都中央区京橋二丁目5番18号

敷地面積 : 738.45㎡(223.38坪)

延床面積 : 8,774,46㎡(2,654.27坪)

構造 : 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管造

規模 : 地下1階、地上13階、塔屋1階

設計・施工 :  鹿島建設株式会社

竣工 : 平成20年12月

 

詩仙堂 丈山寺 -1

DSCF3174_R

弊社CEOが先週末東京に帰る日の朝のうちに寄ったという詩仙堂・丈山寺

山門

DSCF3175_R

詩仙堂の四季には、それぞれ趣があり とりわけ五月下旬の「さつき」十一月下旬の紅葉が有名らしいが、この6月・水無月の青葉もなかなかのものだったと言っていた。

DSCF3176_R

老梅関

DSCF3177_R

嘯月楼

DSCF3178_R

DSCF3179_R

上賀茂神社・水無月

DSCF3146_R

弊社CEOが先週末 京都出張の際、訪れた上賀茂神社

CEOは、上賀茂神社が大好きで京都出張の折には、時間を見つけて上賀茂神社に参拝している。

DSCF3147_R

DSCF3148_R

花菖蒲が庭に彩(いろどり)を加えている。

装置としての旬の「花」

DSCF3149_R

DSCF3153_R

昨秋訪れた時、紅葉が美しかった青もみじ

お願いしていた神馬堂の焼もちを土産に買ってきてもらった。