アクロス福岡 -1

福岡市役所から見たアクロス福岡

思っていた以上に緑化されていました。

段状の林のような様相です。

東京・豊島区役所庁舎も建物の緑化を言うなら

このぐらいの緑化はしてもらいたかったですね。

ステップガーデンになっていて一般の人も利用できます。

心臓に負担が多いので当然ながら登りませんでした。

この建物の形態が、天神中央公園との

一体性を重視して成り立っていることが

初めて理解できました。

天神中央公園側から見るとアクロス福岡に三角形の穴が開いています。

アクロス福岡は遠目では丘に変化していました。

九州国立博物館 -3

161025-101509_r

3階

4階展示室に向かうの修学旅行生

161025-104755_r

3階から見た大屋根

木材の化粧材が間隔があり過ぎ効果が薄い。たぶん内装制限の関係

161025-104800_r

エスカレーター・階段部分

上下に展示場を重ねた場合の観客の搬送能力に難点あり

161025-104836_r

161025-104840_r

1階ホールを見る

161025-104849_r

この日、鳥獣戯画展・「京都高山寺と明恵上人-特別公開 鳥獣戯画」を開催していたが平日でもかなりの人出。私は、ほぼ開館時間に行ったのでスムーズだったが、見終わるとこんなにも並んでいた。

s_45title01

九州国立博物館 -1

161025-100423_r

大宰府天満宮からエスカレーターを乗り継いで行く

161025-100706_r

エスカレーターの中の色彩は変化する

161025-100745_r

161025-100850_r

エスカレーターを上がり切ると九州国立博物館。この日朝の内は博多も晴れていたのだが、昼近くになるにつれ雲が多くなってきた。

161025-100841_r

161025-100855_r

161025-100911_r

山の中を切り開いた、狭い平坦部に建物が建っている。

リバーウォーク北九州 -2

DSCF2230_R

昨年、市役所まで行ったにもかかわらず、時間がなくリバーウォークの中に入れなかった。今回は、ホテルに帰るまで多少時間があったので寄ってみた。

DSCF2231_R

小倉城の堀、桜の頃はきれいでしょうね。

DSCF2232_R

DSCF2233_R

DSCF2234_R

DSCF2235_R

北九州市立美術館・別館があります。本館は駅から少し遠いのですが、現在は改修工事中とかで閉館しています。

ゼンリン地図の資料館

DSCF2241_R

小倉のリバーウォーク北九州の14階にある「ゼンリン地図の資料館」に足を運んでみた。

平日の午後だが貸切状態だった。

DSCF2239_R

床面にあるのは伊能忠敬の日本地図。その精緻さに驚き、地図の上を歩くという喜びに思わずステップしてしまう。

アジア太平洋戦争後の東京・名古屋・大阪の空襲被災地図が特別展示され、焦土と化したと言うことを改めて確認した。

DSCF2240_R

小倉の海側の工業地帯を見る。

貴重な地図がコレクションされていて、地図好きにはたまらない資料館。

渡海

DSCF2124_R

門司港から渡海して下関・唐戸港に行った。一度は下関側から門司港の街並みを見ておきたかった。

写真は、唐戸港から門司港を映す。

以前から下関側に来てみたかったが、フェリーに乗っていた時間は5分ぐらいで、あっという間に渡海した。

海は穏やかだったし、距離も短かいし、古代から本州と九州の往来は頻繁だったろうと予想できる。

DSCF2123_R

カモンワーフという飲食店が集まる施設。

DSCF2127_R

唐戸市場と関門橋

DSCF2143_R

唐戸港フェリー乗り場から唐戸市場へ

DSCF2145_R

DSCF2144_R

唐戸市場は、年末休業に入っていた。

フェリーは大人往復800円、乗船客は数名だった。

三宣楼

DSCN4985

 門司港レトロ地区にある木造三階建ての料亭「三宣楼」(さんきろう)

昭和6年に開業し昭和30年頃廃業

地元の保存活動の末、北九州市に寄贈

平成26年に保存修復が完成し公開されている。

DSCN4987

玄関

DSCN4990

DSCN4998

個室だったところ

DSCN5007

2階大広間

DSCN5009

DSCN5012