水戸市低区配水塔

DSCF2086_R

水戸市役所は現在、改築中で丁度 半分ぐらい建屋の解体が進んでいた。

市役所は幾つかの仮設建物に分散して業務が行われているが、

本庁舎臨時庁舎や三の丸臨時庁舎と渡り歩かないとならない。DSCF2087_RDSCF2094_R

三の丸臨時庁舎の道路向かいにあるこの低区配水塔は、水戸市街の低地部分に給水するため、水道技師・後藤鶴松の設計・市の直営工事により昭和7年に完成し、平成11年度まで現役で活躍していた。その優美な姿は建設直後から評判が高く、平成8年に国指定の登録有形文化財になっている。

DSCF2091_R

DSCF2093_R

Pasar守谷(上り線)SA

DSCF9696_R

今年H26年3月に改装オープンしたPasar守谷(上り線)SA

力強く構える木造大断面の構造柱によって

「恵みの森」の木立を表現しているとの事

DSCF9688_R

DSCF9687_R

土曜日の夜

DSCF9689_R

柱列

DSCF9691_R

『「守谷」の地名の由来と言われている「古来より広がる緑豊かな森」をイメージさせる「恵みの森」をコンセプトとし、木立の中に優しい木漏れ日がふりそそぐ情景を表現すること。』と丹青社のサイトには書いてあるのだけど、柱と木質系のインテリアには覆われているのだが、表層的。

樹木は、「根・樹幹・葉」によって構成されているが、

強調されているのは樹幹のみで、天井に「葉」のような緑色の三角形を散りばめているだけ。

これでは冬枯の森

屋根も木質大断面で「葉」を表現すればより一層「恵の森」というコンセプトが強調されたように思う。

とても惜しい気がする

DSCF9692_RDSCF9693_R