道の駅 いたこ

駐車場が約300台という とても大きな道の駅

観光情報棟・新鮮市場(農産物直売場)・うるおい館(土産物)・レストラン・菓子工房・グラスハウス(休憩場)・グラウンドゴルフとあり、ちょつとした地元スーパー

地方の農産物直売場で新鮮な野菜を仕入れてくるのが常で、この日も新鮮市場を見て回ったが、売れそうな野菜類は豊富な量が並んでいた。比較的小さな道の駅には、意外と珍しい地場の野菜等を見つけるのだが、ここにはそうしたものは見つからなかった。

何でもあるんだけど 欲しいものがない

鹿島神宮

常陸国一宮鹿島神宮・楼門

日本三大楼門の一つに数えられる楼門は、高さ約13m、重要文化財。寛永11年(1634)、水戸徳川初代藩主の頼房卿により奉納されたとある。

御祭神は武甕槌(タケミカヅチ)大神

「夏越の祓(なごしのはらえ)」に行われる神事「茅の輪くぐり」


茅の輪くぐりとは、

茅(かや)で作った大きな輪をくぐることによって心身を清め、

無病息災や厄除け、家内安全を願う行事。

当然ながら正しい手順でくぐってきました

奥参道

蜘蛛の巣が美しく見えた

要石

鹿島神宮の要石は凹型になっている

奥宮は、2026年の大祭に向けて改修工事中

鹿島神宮は、言葉に表せないぐらい良いところです

原初的な力強さ、静謐なんだけど温もりがある、そんな神域です

The sun rises in the east・北浦

7/13 午前4時 

何時ものように早朝に寝覚め、雷雨の後の空を見た

空が白々と明けていた

朝の空気を吸う

北浦

突如 部屋にオレンジ色の光が差し込んだ

陽が登ったのだ

山の上からみれば御来光だが

丁度 鹿島神宮の方角から旭日が差し込んでくる

北浦の湖面に映し出された光の帯が徐々に伸びていく

まるで光の橋だ

この橋を渡って鹿島においでと誘われているようだ

この橋は、日の出から日がある程度高くなるまでの約1時間ぐらいで消えた

思いがけず いいものを見た

神様に導かれたような、そんな気持ちにさせてくれた

大洗海洋博物館

大洗磯前神社境内にある大洗海洋博物館

最初は休憩所かと思ったが、よく見たら海に関する展示物があつた。

平成9年に新築・移転されたと書かれていた。

中々良い雰囲気

設計は、アルキストの豊田利明氏

さあ、東京さカエルべ

大洗磯前神社

大洗磯前神社・鳥居

本当は、海上の神磯の鳥居を見て、一の鳥居、二の鳥居と上がってくるのだろうが

膝が痛いので省略

朝早いので、境内にはほとんど人がいない

拝殿・施されている彫刻が精緻

江戸初期の建築様式を伺い知ることが出来る

狛犬可愛い

アニメ・ガールズ&パンツアーの聖地でもあります。

水戸市低区配水塔

DSCF2086_R

水戸市役所は現在、改築中で丁度 半分ぐらい建屋の解体が進んでいた。

市役所は幾つかの仮設建物に分散して業務が行われているが、

本庁舎臨時庁舎や三の丸臨時庁舎と渡り歩かないとならない。DSCF2087_RDSCF2094_R

三の丸臨時庁舎の道路向かいにあるこの低区配水塔は、水戸市街の低地部分に給水するため、水道技師・後藤鶴松の設計・市の直営工事により昭和7年に完成し、平成11年度まで現役で活躍していた。その優美な姿は建設直後から評判が高く、平成8年に国指定の登録有形文化財になっている。

DSCF2091_R

DSCF2093_R

Pasar守谷(上り線)SA

DSCF9696_R

今年H26年3月に改装オープンしたPasar守谷(上り線)SA

力強く構える木造大断面の構造柱によって

「恵みの森」の木立を表現しているとの事

DSCF9688_R

DSCF9687_R

土曜日の夜

DSCF9689_R

柱列

DSCF9691_R

『「守谷」の地名の由来と言われている「古来より広がる緑豊かな森」をイメージさせる「恵みの森」をコンセプトとし、木立の中に優しい木漏れ日がふりそそぐ情景を表現すること。』と丹青社のサイトには書いてあるのだけど、柱と木質系のインテリアには覆われているのだが、表層的。

樹木は、「根・樹幹・葉」によって構成されているが、

強調されているのは樹幹のみで、天井に「葉」のような緑色の三角形を散りばめているだけ。

これでは冬枯の森

屋根も木質大断面で「葉」を表現すればより一層「恵の森」というコンセプトが強調されたように思う。

とても惜しい気がする

DSCF9692_RDSCF9693_R