ガララテーゼ集合住宅-1 Aldo Rossi + Calro Aymonino

12-27-2008_007_R

ガララテーゼ集合住宅 Gallaratese Housings
アルド・ロッシ + カルロ・アイモニーノ

Aldo Rossi + Calro Aymonino
建設 1970年

12-27-2008_008_R

上の二枚がアルド・ロッシの設計によるもので、たぶん一棟だけが無機質な外観。他の部分は彩色豊かな カルロ・アイモニーノ担当の建物。

12-31-2008_001_R

12-31-2008_002_R

12-31-2008_003_R

[mappress mapid=”15″]

ヴィラ・マラパルテ -4 / Adalberto Libera

12-4-2008_009_R

カプリ島の港・ナポリからフェリーで小一時間

12-18-2008_005_R

この小舟をチャーターして船着場まで

12-18-2008_006_R

こんな澄みとおった海は見たことが無いぐらい。

陽にきらめいている水面が印象的だった。

12-8-2008_006_R

船着場から急な階段を上り

12-8-2008_007_R

12-13-2008_004_R

ヴィラ・マラパルテが現れる

12-13-2008_003_R

山側のアプローチを望む

ヴィラ・マラパルテ -3 / Adalberto Libera

12-18-2008_001_R

【地中海を望む】

ゴダールの「軽蔑」のロケ場所となった、この別荘は外部の1階から2階の屋根までが階段になり、その上にこの屋上テラスがある。

「軽蔑」のロケは、このテラスや室内を使った。

LE-MEPRIS-3

【映画「軽蔑」の一シーン・監督:ゴダール】

 12-6-2008_001_R

この映画を若い時(多分高校生の頃)に観てから、いつかは実際のロケ場所を見たいと思っていた。大学に進むまでは文学青年で、建築に進むとは自分でも思っていなかった。

12-18-2008_003_R

1989年に訪れた時は、まるで恋焦がれた女性と初デートしたような 胸のときめきを覚えた。

12-18-2008_002_R

山から連続する階段(屋根)を昇るとこのテラスに進む。

そこは神々しい儀式の場。

B006QJSJL6_09__OU09_SCLZZZZZZZ_

【1963年の映画「軽蔑」のポスター】

ヴィラ・マラパルテ -1 / Adalberto Libera

12-6-2008_003_R

作家でありジャーナリストでもあったクルツィオ・マラパルテ(1898-1957)の住宅。

マラパルテは、1922年のローマ進軍に参加したファシストでありながら、その後ファシズムに批判を向けた著作「クーデターの技術」を発表し、その為にバリ島で五年間の流刑を甘んじて受けることになる。

12-6-2008_002_R

カプリ島の地中海を臨む高台に作れたこの住宅は、海に向う階段として構想されている。

12-6-2008_004_R

カプリ港から小舟をチャーターし島をめぐり、この住宅の船着場からアプローチした。

陸路 この建物を探してたどり着いても門は閉ざされていると聞く。

1989年ナポリからカプリ島へ渡ったときの写真である。

[mappress mapid=”14″]

サンカタルド墓地 -1 / Aldo Rossi

1-7-2009_003_R

モデナ郊外のAldo Rossiの設計による墓地・San Cataldo Cemetery

非常に広大な墓地で、道路を挟んで旧館と新館とも言える墓地に分かれており新館がこの建物である。

1-7-2009_002_R

この建物の中は、屋根のない納骨堂になっており、周囲の建物とは、異なり無縁仏を弔っているのではないかと思える。

1-7-2009_004_R

この外界と隔てる建物の中の墓地は、故人の遺影がそれぞれ飾ってあった。

1-7-2009_001_R

静寂というかあまりに悲しげな空間だったと記憶している

[mappress mapid=”13″]

 

サンテリア幼稚園 / Giuseppe Terragni

12-23-2008_001_R

12-23-2008_004_R

写真に映っているひとの中には故人となった人もおり懐かしい

12-23-2008_005_R

ジュゼッペ・テラーニが生きた時代は、ムッソリーニ政権下のイタリアファシズムの時代だった。

その中にあって、テラーニはモダニズム運動の旗手の一人として「<新しい体制>の表現としての建築」にその生涯を託した。

12-23-2008_002_R

彼の作品はモダニズムの建築として、近代イタリアという枠を超えている点で高く評価されている。

12-23-2008_003_R

インターナショナリズム(ラショナリズム)とナショナリズム。アヴァンギャルディズムとクラシシズム。

「大衆のための建築」と「国家の建築」といったアンヴィヴァレントなジレンマが含まれているという。そこにテラーニの悩み、自殺の要因が秘められているように思う。

[mappress mapid=”12″]

カサ・デル・ファッショ / Giuseppe Terragni

11-12-2008_003_R

ジュゼッペ・テラーニの代表作とも言えるカサ・デル・ファッショは1936年の作品である。

邦訳すれば「ファシストの家」つまりイタリアファシスト党の地方事務所である。

訪れた当時は、税務署として使われていると聞いた記憶があったが、今回調べ直してみたら 現在の用途は、国境警備隊本部のようである。コモはスイス国境に近い。

11-12-2008_002_R

コモを訪れた時は、「カサ・デル・ファッショはどこにありますか?」などとは聞かないことだ、怪訝な目で見られることは間違いない。自分もそういう目で見られた。

ジュゼッペ・テラーニは、ファシズム下のイタリアにあって建築集団の左翼を形成していたイタリア合理主義(ラショナリスト)達のひとりである。

11-12-2008_004_R

「ファシズムとはガラスの家である」と言ったムッソリーニの命題に応えるべく造ったイタリアファシズム建築の代表作といえるだろう。

テラーニ自身がファスト党党員であり、従軍し、後に自ら命を絶った。

11-12-2008_001_R

「なんだ 単なるモダニズムじゃないか」と言ってコピーする無かれ、心のこもらないコピーニストに真のモダニズム建築は造れない。

[mappress mapid=”11″]

戦没者慰霊碑 / Giuseppe Terragni

若い時 訪れたヨーロッパの建築と それにまつわる思い出を時々書き綴ってみようと思う。

昔のネガフィルムやビデオを、倉庫の段ボールの中でこのまま寝かし続けておくこともないだろう。今のところスライドやネガからデジタル化して掲載するので、画質や色調があまりよくない。

8mmビデオからデジタルへの変換も依頼してあるので、後ほどそちらの写真に差替えるかもしれない。

ともかく、いまなおそこにある有名建築もあるし、取り壊されてしまった建物もある。

昔の写真を見ると色々なことが思い起こされてくる。

まずは学生時代から好きな建築家 イタリアのジュゼッペ・テラーニから

12-27-2008_004_R

これは、イタリア北部のコモ湖岸にある戦没者慰霊碑。

1989年に訪れた時の写真。

もう あれから25年経った。

12-27-2008_006_R

アントニオ・サンテリアが死の二年前にスケッチした「灯台のスケッチ」(1914年)を、同じ未来主義者エンリコ・ブランボリーニが戦没者メモリアルとして転用する事を計画し、その後紆余曲折を経て1933年ジュゼッペ・テラーニの手によりサン・テリアの故郷であり、又 テラーニの主たる活躍の場であったコモの湖畔に建造された。(1931年~1933年)

12-27-2008_003_R

[mappress mapid=”9″]

フラックタワー

 

067441

妻が大好きなヴィレッジヴァンガード(雑貨・本)に、付き合って行った時に見つけた本。

パラパラと眺めていると 何で? どうしてこうなったのか、果たしてこの建物は芸術か、それとも狂気かと思ってしまう建築が100棟取り上げられている。

その中には、歴史的な建築もあれば、現代建築もある。

又 私が以前見た建築も幾つか紹介されている。

その中のひとつが ウイーンにあるフラックタワー(高射砲塔)である。

ヒトラーの指示により、連合国の空襲に対抗する為に建てられた高射砲塔(フラックタワー・Flak Tower 独語ではFlakturm)は、ウイーンの旧市内に4箇所 戦後も風雨にさらされたまま残っていた。

一般の旅行案内書には載っていない建物で、私が1989年にウイーンを訪れた時、短い滞在期間の中でも、一度は見ておきたいと公園内を歩きまわり この「ナチスの負の遺産」に行った。

あまりにも頑丈なコンクリート構造物である所以か、ナチスが滅んでもなお未来永劫残るかのごとくある この建造物。

今 この本を読んで当時の記憶が蘇ってきた。

文中、G塔とはGefechtsturm  戦闘塔、L塔とは戦闘塔に付属する指揮塔 Leitturmであり、本来はこの二つが対になる。

resize1155

 【2区アウガルテンのG塔・1989年に私が撮影した写真】

resize1156

【2区アウルガルテンのL塔・1989年に私が撮影した写真】

resize1159

 今日、ウィーンの高射砲塔はすべて国もしくはウィーン市の財産として管理されているが、その中のひとつエステルハージ公園のL塔は「海の家」(水族館)として再利用されている。

ft5_bild_70

【海の家 アクアテラ動物園・HAUS  des  MEERES】

ft7_bild_71

【外壁の一部はウォールクライミングの練習場としても利用されている】

【海の家 アクアテラ動物園・HAUS  des  MEERES】

 

http://www.haus-des-meeres.at/